宅飲みウイスキーブログ

ウイスキーをロックで飲むのが好き

デュワーズ 12年

デュワーズ  12年

 

今回、ご紹介するのはブレンデッド

ウイスキーデュワーズ12年です。

1846年にスコットランド・ハイランド地方で

誕生し歴史のあるウイスキーですね。

特徴はブレンドした後に再び樽に戻して

さらに半年ほど熟成させる

ダブルエイジング製法という製造方法で

作っているところでしょうか。

f:id:torukin:20200523124917j:plain

f:id:torukin:20200523124950j:plain

試飲してみる

 

香り          リンゴ  チョコ  ナッツ

 

 

味わい      リンゴ  ガムシロップ  チョコ  スパイス

 

数値

強5弱1     甘味 3

               苦味 3

               酸味 2

               辛味 2

               塩味 1

 

感想 

 

ストレート 

リンゴジュースとチョコ

少しだけスパイシー感があり 

フルーティーでミルクココアのような

まろやかさとチョコのコクがあります

 

ロックやトゥワイスアップ 

甘味やフルーティー感ととろみのある

まろやかな味わいが強くなる。

 

ハイボール

さわやかなフルーティー

爽快感が楽しめます。

 

割るとあまり気になりませんが

12年のウイスキーにしてはストレートは

ちょっとアルコール刺激の

ピリピリ感があるかなと思いました。

あとはストレートで若干わかるぐらいの

薄めのピートでしょうか。

ピート好きにはおすすめできませんね。

そして私はロックが好みですb